スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

歯の生え始め

2008.01.08
下の前歯が2本ほぼ同時に出てきました。
今までは腕とかパクっとされても痛くなかったのに、
歯があるのでもうパクはさせないようにしました。

赤ちゃんは歯がないけど、生えてくるまでほんとに歯がでてくるの??と
変な心配もしました

出てきたときは、
「あ、ほんとにでてきた~~」とこんなことでも感動したものです

でも歯が出てくると、虫歯にならないように気をつけなければならない。
また一つやらなければいけないことが増えたなと思いました。

はみがき。

でも最初はガーゼのハンカチなどで歯をふいてあげる程度です。
そのほうがきれいにできたので。

このとき、歯並びには心配していなかったけど
たまに反対咬合のようになっていたので、それがちょっと気がかりでした。
保健師さんに聞いたところ、
まだ2本しかないことと、ちょっとずつあごが成長しているとのことで
そのときによって
反対咬合に見えたりするようです。

歯がほとんどそろった状態になったときに反対咬合かどうかわかるそうで、
結局わが子もあごの成長によるものでした。

そのときはネットでもいろいろ調べたぐらいだけど。
成長してみて、やっぱり保健師さんの言うことが正しかったと心底思うことができました。
スポンサーサイト

7ヶ月健診

2007.12.29
地域によっては6ヶ月健診のところもあるでしょう。
私の住んでいるところは7ヶ月目に健診でした。

この頃の発達では、寝返りやおすわりができるか?という運動の発達を診られます。
うちの子はまだこの頃おすわりがへたっぴで置いてみてもコロンとなってしまいます。
親としては初めての子で、できないことに不安になりますよね。
でも、周りの保健師さんが
「この頃から個性で人それぞれできるもの、できないもの
出てきますから大丈夫」
と言ってくれて安心したのを覚えています。

あとの質問は
自分の近くにあるおもちゃを手を伸ばしてつかみますか?
家族といるときに話しかけるような声を出しますか?
テレビやラジオの音がするとすぐそちらを見ますか?
という質問でした。

他に心配はなかったので、おすわりはもう少し時間をかけて見てみましょうと思いました。

この頃のわが子。
身長71.8センチ  体重8.35キロ

もうこんなに大きくなったんだと成長を感じて家へ帰ったのを覚えています。
成長は人それぞれ。
今なら悩まずにいられるけど、当時はほんとに悩んだものです。
悩みが吹っ切れたのは保健師さんのおかげでしょう。
良い出会いでした。

生後6ヶ月

2007.12.18
この頃になると、いろいろな物に興味を示します。
今まではおもちゃを直接手に持たせてあげて遊ばせていましたが、
6ヶ月になると自分の近くにあるおもちゃを自分の手を必死に伸ばしてつかもうとしていました。

なので、今なにをしたいんだろ?という悩みが減って、
今これがしたいんだ!とこちらがわかるようになって見ていると面白いです。
つかめそうでつかめない時は泣いたり。
とってもわかりやすい子でした。

まだまだしゃべることはできないけど
会話には加わりたいようで、私がパパや他の人と話していると
加わっているような声を出してました。

そして、テレビのCMが大好き!
なぜかCMのときだけ真剣にテレビを見てました。
色がきれいなのかな?
音がにぎやかなのかな?

生まれてから半年なのに、いろいろなことができるようになって
成長ってすごいなと思います。

早い子ではこの頃おすわりもできるようになるようです。
わが子は、この時期はできませんでした。
寝返りはすごく早かったからおすわりもはやいのかな?と思ったけど
そうとは限らないんだなとお勉強になりました。

この頃、その子その子で寝返りができる子、おすわりができる子などその子それぞれで
これも個性なのかな?と思いました。
その子その子で違うから面白いのかも♪

離乳食

2007.12.16
5ヶ月になり本格的に1日1回の離乳食を始める。
今は5ヶ月で1日離乳食という方針ではないようなので、参考にならないと思いますが。
当時は5ヶ月からおかゆなどを食べさせましょうという方針だったので
食べさせていました。

離乳食では、最初からもぐもぐいっぱい上手に食べることができる子や
うまく食べることができなかったり
食べることがあんまり好きじゃなかったりと個人差が現れるようです。

そのため、あまり食べない子のお母さんは食べないと心配する場合もあります。

うちの子は食べるのが大好きで、離乳食で困ったことは特にありません。
だから、今悩んでいるお母さんの気持ちを十分に分かることはできないと思う。
でも、いろんな子どもを身近で見てきて
食べることがあまり好きじゃない子も長い目で見てあげて2、3歳ごろになると
好きな食べ物が出てくるようです。

離乳食中は栄養の心配もあると思いますが、母乳やミルクである程度栄養があるので
ゆっくり気長に離乳食与えて
悩まずストレスためないことが大事なんじゃないかなと思います。

離乳食ってどうやって作るんだろうとか思った私。
たまに買っていた育児の雑誌などでちらっと載っていたレシピを参考にもしました。
最初からなんでもできるお母さんじゃなかったから。
作り方わからなくても時期になるとそれなりにできるようになるから大丈夫です。

4ヶ月になり

2007.12.11
4ヶ月と1週間目。
ついに寝返りをする
首がすわったのが3ヶ月の終わりごろだったのに対し、寝返りは4ヶ月の初めと早かった
寝返り、最初は時間かかってよいしょよいしょとやっていたけれど、
一度覚えると上達するのが早くてびっくり

最初は一度寝返りしたらその場でおもちゃと遊んでいたけれど
ごろんごろんって転がって移動するようになりました

でも行動範囲が広がったことで、床に小物などを置けない状態になり
おもちゃも飲み込めない大きさぐらいしか近くに置くことはできない。

この頃の悩みは、誤飲させないように注意しなきゃいけないことでした。

なんでも興味を示して、興味を持ったものはとりあえず舐めてみる。
そんな時期だったです。

楽になったことといえば、首がすわったのでだっこが楽になったこと。
そしてお風呂に入れるのも楽になりました。

このころの一日のリズムは
1日に6回のミルク。
平均で朝7時→10時半→午後1時半→5時半→7時→9時
という時間で与えてました。
1回に与える量は180cc。
そして1日1回は野菜スープか果汁などを20cc飲ませて離乳準備開始です。

うんち出せないときは綿棒で刺激して出してあげたけど
だいぶ1日1回自分で出せるぐらいになりました。

新米ママ苦戦しながら頑張ってます
| 子育て日記ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。